准看と正看どちらを目指す?

3月26

私には一つ年上の姉がいます。姉には小学生の子供が一人ます。姉は早くに結婚したのですが、子供が幼稚園ぐらいの時にいろいろと問題があり離婚することになったのです。それからは、子供を保育園に預けて、病院で看護助手として働いています。小学生になった今でも看護助手の仕事を続けています。姉は小さなころから、看護師という女性の仕事の代表ともいうべき仕事にとても大きな憧れを持っていました、だからこそ、資格がなくてもそういった業務内容に携われる看護助手を働き口として選んだのだと思います。最近の姉の目標は看護師になることです。看護師になるためには学校に行かなくてはいけません。そのため、受験勉強をしなくてはいけないのですが、仕事と勉強の両立はなかなか難しいようです。また、看護師を目標として看護学校に進学した場合は、収入が激減してしまうので最近では看護師を目指すのか准看護師を目指すのを決めかねているようです。私としては、長期間、学校に通わなくてはいけなくなる准看護師よりも、初めから最終目標である看護師を目指した方がいいと思います。しかし、収入の面のことがあるので、何とも口をはさむわけにもいきません。准看護師であれば、途中からは実習のようなシステムになるそうで、その分はしっかりと給料として支払ってくれるのだそうです。どちらを選択するにせよ、何年かして見事資格を取得でき、憧れだった仕事につくことができるように心から応援しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*